【東京サマーランド】5歳娘と行った有料席等オススメ情報!ロイヤルは最高でした!

サマーランド 子育て
スポンサーリンク

おはようございます!本日も元気にチョキチョキしてます毎度お馴染み「ももトト」です。

夏と言えば「プール」ですよね!

プールに行く前に調べる事は
何時に向かったら良いのか
もちろん料金はいくらか
子供エリアの充実度はどうか
有料席はどんな具合か

だと思います。
今回実際に行ってみて上記の問題点で気が付いた事を記載してます。
行く前に一読いただくと楽しいイベントになる事間違いなしです。

さて今回も家族の「笑顔」の為にがんばります!

【記事】西武園プールのオススメ有料席情報!注意点が!!!

サマーランドってどんなとこ?

プールと言えば「東京サマーランド」と言っても過言ではない施設
日本最大級の流れるプールや天気を気にしないで遊べるインドアプール
小さい子供から利用する事が出来るアトラクションや大人もビビる位のウォータースライダー等多彩な水遊びが出来ます。

もちろん「波のプール」もありカップルでも凄く楽しめる場所です。
遊園地エリアもあり合わせて行くと楽しさ倍増する事間違いなし!

サマーランド全体図

開園何分前に行った方が良い?

これは人それぞれだと思います。

無料エリアに小さなテントを張って休憩場所を確保したい方もいれば
混みあうスライダーに最初に乗ってしまおぅ!って考えている方等

「ももトト」が一番オススメなのは開園30分前には現地に到着する事です

東京サマーランドの目の前にある「第一駐車場」こちらに停めれればほぼ勝ち組です。
こちらの駐車場が埋まってしまうと少し歩いた「第二駐車場」になってしまいます。

11時をまわると「第三駐車場」なんて事もあるそうです。
そんな所になったらプール入る前から疲れちゃいます・・・

荷物を持って炎天下で歩くのは非常に辛いです。

この「第一駐車場」が埋まるのがお盆の時期で開園約15分前だそうです。
なので子連れの方は少なくとも30分前には到着出来る様にした方が賢明ですね。
30分前の並び状況が↓です

東京サマーランド開園前

ザックリ100番目位ですかね。

開園15分前から続々とバスで来る方が降りてきます。
負けない様に行きましょう!

スポンサーリンク

真っ先に向かう先は場所の確保です

建物に入るとすぐに正面に受付カウンターでそこを通過すると左手に更衣室やロッカー等が見えてきます。その先には「ドーム型のインドアプール」があります。

まずは、着替えも後で良いですから場所の確保に向かってください!

インドア内の「有料席」や「無料席」だと日焼けの心配がないので良いのですが
やはりメインは外プールなのでインドアに荷物を置くと休憩の時に面倒です。

外エリアの無料休憩場所で一番人気なのがこちらです。
この大きな建物の1階が無料エリアなんですがそこに皆さんダッシュしてました。

東京tサマーランド

場所は「アドベンチャーレスト」って建物の1階です
お昼前後になるとギューギューな感じでした。
でもこちら場所は非常に便利な所にあります。

流れるプールの目の前だしスライダーに行くにも近いし、しかも1階なので日陰になります。

インドア(アドベンチャードーム)有料席

サマーランドにはインドアにも外エリアにも有料席があります。
色々な種類があるので初めて行く方はどこが良いのか分かりにくいですよね。

まずはインドアですが
こちらには大きく2つの場所がありました。

1つは波のプールに向かって左側の2階に
・マス席(平日5000円・土日祝6000円)
・トレンチ席(平日5000円・土日祝6000円)
・2階席(平日6000円・土日祝7000円)
があります。こちらはインドアなので日焼けをしたく無い方や外でガンガン遊ぶつもりじゃない方向けです。食事を買いに行くのもちょいと面倒な場所です。

もぅ1つは「波のプール」向かって右側の1階にあります
・ステージ席(平日6000円・土日祝7000円)
があります。

サマーランド有料席

こちらは1階部分なので動くには便利です。
しかも売店がすぐにあるのでその点も便利ですね。

ですがこちらちょいと人目につきやすいので恥ずかしさ満点です。

インドアの有料席は入口入ってすぐにあります「ドームインフォメーション」で申し込みが出来ます。

外エリア(アドベンチャーラグーンエリア)の有料席

外エリアにはたくさんの場所に有料席があります。
まずは外エリア左側真ん中辺りに5つあります

先程の画像にあった「アドベンチャーレスト」って建物の2階・3階
その建物の奥の日当たりの良い場所です。

・パーゴラ席(平日7000円・土日祝8000円)テーブル×1椅子×4
・パーゴラ席(小)(平日6000円・土日祝7000円)テーブル×1椅子×4
・パーゴラ席DX(平日8000円・土日祝9000円)テーブル×1椅子×4ビーチチェア×1
・ウッドデッキ席(平日6000円・土日祝7000円)テーブル×1椅子×4
・アドベンチャーレスト席(平日8000円・土日祝9000円)テーブル×1椅子×4ビーチチェア×1

サマーランド有料席

上記5つは「グレートインフォメーション」って場所で申し込みが出来ます。

ここの有料席は「流れるプール」が目の前なのと有名な「デカスラ」って絶叫のスライダーに行くのに便利な場所です。
2階3階にあるので休憩に戻る際にちょいと階段が面倒です。

サマーランドデカスラ

一番奥に見えるなんともヤバそうなスライダーがそれです。
席の後ろすぐに売店もあるので便利ですね

他の有料席ですが、
・ビーバー席(平日7000円・土日祝8000円)テーブル×1椅子×4
・ユニファー席(平日6000円)・土日祝7000円)テーブル×1椅子×4
・プールサイドレスト(平日6000円・土日祝7000円)
・野外ステージ席(平日6000円・土日祝7000円)テーブル×1椅子×4

まず「ビーバー」「ユニファー」「野外ステージ」の3つは外エリア出て右側にあるのですがここはオススメではないです。

サマーランド有料席

まず展望が悪い、テンション上がるプールの雰囲気が見えない。
そしてなんとなく端っこにあるので疎外感があります。

「プールサイドレスト」は場所は良いのですが、目の前を皆さんよく通ります。

サマーランド有料席

って事はチラチラ目が合います。
なんとなく落ち着かないですよね。

こちらは「ラグーンインフォメーション」って場所で申し込みが出来ます。

オススメな有料席は「ロイヤル」喫煙所も近くにあったよ

これは間違いなく「ロイヤル」です。

値段を少しでも抑えたいなら「パーゴラ席」が断然便利な場所なのですが
ここまで値段がかかるならそんなに差がないので「ロイヤル」いっちゃってください!

・ロイヤルレスト席(平日9000円・土日祝11000円)テーブル×1
・ロイヤルデッキ席(平日9000円・土日祝10000円)テーブル×1椅子×4

サマーランド有料席

こちら「ロイヤル」は外エリア出てすぐ左側にある建物の2階部分「ラグーンインフォメーション」の上なんです。

場所としては子供が遊ぶエリアに近いのでスライダーメインで行く方には不向きです。
しかも、インドアエリアにも近いし何かと便利な場所です。
有料席ロイヤルから見た外です↓

サマーランド有料席ロイヤル

何がロイヤルかって?

「ロイヤルレスト」の内はエアコンがかかってるんです!
この暑い時間帯に待っている方や熱中症気味になった時に非常に嬉しい涼しさです!

しかもこちら「ロイヤル」には専用のシャワー&更衣室と専用のトイレがあるんです!

「ロイヤル」は内と外合わせて20席しかないのでトイレで込み合うなんて事はないです!帰りのシャワー時間帯が一緒になると少々まちますが、それでもすぐです!

「ももトト」がオススメなのはやはり「ロイヤルデッキ席」です!

内エリアは涼しくて良いんですがずっといると水着だとちょっと寒いんです。
「ロイヤルデッキ席」は外エリアなのでエアコンはないんですが内エリアを通って外デッキに行くので暑ければエアコンかかってる所にいれば良いだけの話。

「ロイヤルデッキ席」からはプールも見えて展望も良いんです!

サマーランド有料席ロイヤル

ちゃんとゴミ捨ても出来るのでホントに便利ですよ!

値段高いですよね。。。

分かってます。

でも折角行くんですから数千円節約するより満足な場所にしてみませんか?

有料席ロイヤルの裏手すぐに喫煙所があったよ!

写真撮り忘れましてすみません。

ロイヤルから階段を下りて裏手に回ると喫煙スペースが設置されてました。

愛煙家の皆さんにも便利な場所って訳ですね!

有料席も事前予約が出来る

ネットで事前予約が出来るみたいです。
ですが予約できる席数はかなり少ないみたいで残りは当日先着順となっているそうです

予約は行く日の1週間前の午後2時から取れるシステムとなってます。
専用サイトにHPから飛べますよ!

「ももトト」は事前に予約をしなかったので当日開園30分前には到着する様にしたんです。

その結果、第一駐車場にも停めれるし「ロイヤル」も借りれたので結果正解だったかと。

予約は「アソビュー」で取る事が出来ます↓

東京サマーランドのプールの種類

皆さんお待たせしました。
ここからプールの紹介です。

ザックリな写真しかないのでその点ご了承ください

インドア(アドベンチャードーム)のプール

こちらはメインは「コバルトビーチ波のプール」です。
その横にスライダーがあってその奥に「子供エリア」があります。

サマーランド波のプール

子供エリア(フルーツアイランド・ロックビーチ)はこんな感じです。

小さな滑り台があり床がプニプニ素材なので足も痛くなくおもいっきり遊べます。

写真はないですが、ここの奥には子供用の遊び場みたいな所もあります。
上から水が「ザバーッ」って落ちてくるのもあって小学生低学年までなら十分です!

インドアプールは夏以外の時期もやってるので「ももトト」は6月位にいつもサマーランドに来て娘とこのエリアでずーっと遊んでました。

外エリア(アドベンチャーラグーン)のプール

まず外に出て手前から
「ビーバーレイク」「スーパーモンキーフロート(真ん中の画像)」があります

ここは子供が楽しいエリアです。
大人もこのモンキーフロートは難しいので是非体験してみてください。

その後ろには子供用の滑り台エリア(キディスライド)があります。

こちらもチビッコには人気がありました。

その横には「スクリーマー」という2人乗りのボートスライダーがあるんですが、こちらは130センチ以上との表記の為断念でした。

真ん中左側には「アドベンチャーフォール」という岩山みたいな作りの所を登ってみたり滑り台してみたりと子供が楽しい場所があります。

サマーランド

その隣奥には「スプリングハウス」という40℃の温水のジャグジーがある場所があります。寒かったり冷えた場合やのんびりするには良い場所です。
カップルが多かったイメージです

サマーランド

真ん中にはメインでもある
日本最大級の流れるプール「グレートジャーニー」があります。

こちらには無料の浮き輪がいたる所に置いてあるので勝手に使って良いそうです。
流れるプールって楽しいですよね!

娘が着けてるこの「アームヘルパー」良いですよ!
2重構造になっているらしくちょいとパンクしても大丈夫!って安全なやつです。

流れるプール途中には子供用「モンキーフロート」や「ロックスプラッシュ」「キッズベイ」「アドベンチャーサークル」なんて名の子供が遊べる所や、上から水がジャバーってなるの等がありました。

流れるプール一番奥には「タワーズロック」「ドボン」って名のスライダーがあります。こちらも娘は身長が足りなく断念。

その更に一番奥に噂の「デカスラ」ってやつがありました。

サマーランドデカスラ

見てるだけでマジで怖そうです。
娘がチャレンジ出来るのは後10年はかかりそうですね。。。

サマーランドにある食事・ランチ

こちらはザックリで撮ってきました。

「アドベンチャーレスト」有料席の後ろに屋台みたいなのが何軒かありました。
結構おいしそうな感じでした。

「ロイヤル」有料席の下や横には何でもあるお店があります。
こちらにも「ビール」は置いてますのでご安心ください!

↑この売店の上に見えるのが「ロイヤルデッキ」です。

こんなのがあるんだぁ位で見ていただけると助かります。

運転しなくて良いならやはり「ビール」が一番です!
プールを見ながらだと更に美味しい事間違いなしですね。

こちらサマーランドでは電子マネーが推薦の様子で「nanako」や「suica」が使えるみたいです。

小銭が出ないのは勿論ですが支払いがスムーズですよね。
プールで濡れた手でも出来るってのは便利です。

子供向け遊園地

水着の上にTシャツとビーチサンダルをはけばそのまま遊園地エリアにも行けちゃいます。

「ももトト」の娘は5歳なので可愛らしい乗り物だけ乗りました。

まず気が付いた事は、誰もいない!そりゃそうですよね。
プールに来てるのに遊園地にはいかないですよね。

しかもメチャクチャ暑いですし。。。

って事はチケットを買う際にはフリーパスはいらないって事ですね。
遊園地に行きたくなったらチケットを都度購入した方が良いです。

フリーパスチケットなんて買ってしまうと無理してでも遊園地行っちゃいますもん。。。

サマーランドHPと最後に

東京サマーランド
プールと言えば東京サマーランド、日本最大級の流れるプールや天候を気にせず遊べるドーム内プール、小さいお子様からご利用いただける多彩なウォーターアトラクションなど水を中心とした遊びが豊富です。

子供ってプール好きですよね。
今年はコロナウィルスの影響でどこにもいけないので娘の為にプールへ。

人数制限してるし事前予約制、着替えはなるべく自宅でどーぞ!ってスタイルでしたが感染防止策を徹底してますし安心して遊びにいけるのではないでしょうか?

しかも「ロイヤル」を借りれたら「密」にはならないですし。

前日からワクワクして当日誰よりも早く起きてホントに楽しみにしてた娘。
プールでも楽しくて楽しくて帰りたくない!って泣きそうになったり

ホントに嬉しそうにしてた娘はもぅ・・・可愛すぎる!

はい、親バカです。

「ロイヤル」のお陰で妻も御満悦だったし
お金は使いましたが「ももトト」もなんだか嬉しい気持ちになりました。

子連れで星野リゾートを満喫記事

子連れに大人気!星野リゾートリゾナーレに行った時の記事です。

なんと4か所も行ってますので参考になる事かと思います。
見ていただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました